不妊治療      予約電話0566-27-5480

 現在、女性を取り巻く環境は妊娠しやすい体つくり作りには不利である。

仕事のストレス、家庭のストレス、運動不足による血の巡りの悪さ、冷房の普及、睡眠不足、偏った食生活。

 

東洋医学からみた不妊症

 『中医産婦人科臨床』の分類によると,不妊は①腎虚②肝鬱③痰湿④血瘀の4つに分類されている。

⑴腎虚

 月経が始まるのは腎の気の働きとされる。そして、28歳が最も身体が充実している時期で、49歳になると腎気が衰えてきて、月経がなくなり子供を作ることができなくなる。

 このように、人間の一生の基本になっているのは腎の気の力の盛衰であり、女性の月経に関しても子供を産むことについても、一番大本になっているのは腎のきである。このため、不妊の原因分類に腎虚が一番に挙げられる。要するに、腎の機能的な、あるいは器質的な力が十分でない(虚)状態が不妊の要因とされる。

⑵肝鬱

 肝鬱は、イライラやストレスが溜まっている状態である。肝血の不足と機能の低下によって肝鬱の状態になるとされ、そのために、肝の機能が低下すると考えられている。肝は、「血を蔵す」というように、血と深い関係にある臓として考えられ、気血の流れがうまくいかず、衝脈や任脈の働きが悪くなることによって無排卵や卵巣機能不全などが発症する。

⑶痰湿

 痰湿は、肥満傾向や脾・腎の機能低下の人が過食することにより、湿の問題が起きた場合で、その結果、気血の流れの悪さや、衝脈と任脈の機能低下が出現して、結果的に卵巣機能不全などになる。

⑷血瘀

 血瘀は、日本ではお血と言う。血の流れが悪いことにより生じる。日本漢方には「血の道症」という概念があるが、それに近いものである。

 原因として、慢性的な下腹部の血流の悪さが挙げられる。症状は冷え性、月経痛が強いなど、子宮内膜症が疑われ、無排卵や卵巣機能不全などとなる。

 

鍼灸は、一人一人の体質に合った治療ができ、上記のような体のアンバランスを整え、妊娠しやすい体に近づくことができる。