自律神経の話

 

初めまして。これから自律神経の話を綴っていこうと思います。

 

 

 

皆さんの自律神経及び自律神経失調症に対する理解が深まることが出来、ご自身の症状に対して深くお知りになって、正しく対処していただけたらと思います。

 

 

 

なんだか重い感じがしてきましたが、なるべくわかりやすく紹介していきたいです。

 

 

 

今日は触りだけになります。

 

 

 

▲体は神経の指令を受けて動かされていることはご存知だと思います。

 

 

 

脳と脊髄が中枢神経、司令官である。

 

 

 

脳と脊髄のほかに、情報を伝える神経が末梢神経。この末梢神経に脳脊髄神経と自律神経がある。自律神経の中に交感神経と副交感神経がある。副交感神経は脳脊髄神経に紛れ込まれ、広範囲に影響を及ぼす。

 

 

          脳

                

中枢神経系

 

          脊髄     脳神経

 

        脳脊髄神経

 

末梢神経             脊髄神経

 

        自律神経

 

 

 

自律神経とは内臓、血管、皮膚などにある平滑筋(例えば胃の筋肉)の運動と腺(例えばよだれ)の分泌を支配する神経系である。意識的ではなく、自律的(勝手に)に働き続けるところから、自律神経系と呼ばれる。